産後の骨盤の歪みや広がりは骨盤矯正で治せる

両手を広げる女性

早めのケアで体型を戻す

ボディ

出産を経験した女性の骨盤は、妊娠前より広がってしまうことが多く、産後のトラブルも出てきます。現在女性の間では、産後すぐに巻ける骨盤ベルトを使用したり、女性が施術する骨盤矯正の整体などに通う人が増えています。

詳細を確認する

しっかりとしめる

下着姿の女性

産後はすぐにしっかりと骨盤矯正をすることが大切です。最近はインターネットなどでもよく骨盤矯正ベルトが掲載されているので、口コミ情報などをチェックしながら、妊娠中になるべく早目に購入しておくことが一番です。

詳細を確認する

矯正の内容とメリット

笑うレディー

骨盤矯正とは歪んでしまった骨盤を本来の位置に戻すことをいいます。骨盤を矯正することで、疲れにくくなったり、痩せやすくなるなどの体質改善が望めます。骨盤矯正をする際には骨盤が不安定な産後がおすすめです。産後に骨盤矯正を行うことで、短期間で矯正するメリットがあります。

詳細を確認する

スタイルアップを目指そう

笑顔の女の人

この時期におこなう理由

出産をすることで、産後の女性の骨盤は広がったり、歪んだりしてしまいます。これは、ホルモンの影響によるもので、妊娠中から骨盤の変化が起こっているのです。出産に向けて、赤ちゃんが骨盤を通りやすくなるよう、徐々に広がっていきます。産後すぐはこのホルモンの影響で骨盤はまだ緩まった状態です。そのため、骨盤矯正をするならば産後すぐはじめるのが適しています。骨盤矯正をおこなわず、広がったり歪んだりしたままにしていたら、下半身太りなどスタイルに影響が残ってしまいますよ。産後に骨盤矯正をすることのメリットは、もとのスタイルよりもすっきりとした腰周りになることだってできてしまうことです。産後は骨盤を整える、絶好のチャンスともいえます。骨盤矯正の施術に通うことだけでなく、ちょっとした意識次第で骨盤のゆがみはかわりますので、ぜひこのメリットをいかしましょう。

簡単に骨盤を整える方法

骨盤矯正の施術に通うこと以外で、自分でおこなう方法として、まず骨盤をゆがめるような生活をしないことです。ついつい重心を片足において立ったり、足を組んで座ったり、べたっと横座りをしてしまったり、やってしまいがちですが、これらはすべて駄目な行動です。骨盤が歪んでしまいます。普段から意識してやらないようにしましょう。そして簡単な体操を生活に取り入れることです。足を肩幅に軽く開いて絶ち、腰を右に10回、左に10回まわします。左右はどちらからでもいいですが、これを数セット、気付いた時におこなうようにします。そうすることで骨盤のバランスが整ってきます。そして、骨盤矯正のベルトをつけることです。産科でも取り入れられている所もありますので、助産師さんや看護婦さんに正しくつけ方を教わってからつけるとよいでしょう。骨盤矯正グッズは多数存在しています。骨盤ベルトだけでなく、骨盤矯正パンツやスパッツもあるので、使い勝手の良い商品を選んで購入すると良いでしょう。

Copyright© 2016 産後の骨盤の歪みや広がりは骨盤矯正で治せる All Rights Reserved.